UNDMESS.LIFE

オカルトを追い求めて旅する23歳の手記

手記:再出発に向けて

仕事が無くなって、このままこの先最低2年はいるつもりだった会社に居残り続けるべきか。人との関わりや半年後の自分を見失っていたあの頃に悩み続け、僕はとうとう決断した。電話越しで「辞めます。営業時間が終わり次第お話しましょう。」と告げた僕の口は、ほんの微かに希望の味がした。

コロナの影響が一番大きいのだが、仕事がないのはこんなにも辛いものかという如何にも当たり前なことを、学生の頃からポイントごとで仕事をしていたこともあり、大学卒業直前から気付かされてしまった。きっとこれから、仕事のありがたみを持って生きていく覚悟をし、まるで鶴の恩返しにも引けを取らないような、世の役に立つ人間になっていきたいと我ながらに思ったりもしている。この経験は必ずや自分の戒めにもなっていくはずのような気もしている。

ここ2ヶ月間、パソコンを立ち上げSafariを開き、企業に片っ端からアポを取って面接をしている日々。少し前では天国にすら感じていたこの部屋が、今となっては仕事が決まらない限り出ることはできない独房となってしまった。早くこの独房を抜け出さなければ、僕の人生は終わりと言ってもいいだろう。それくらい窮屈で窮屈でたまらない。

ただ、それと同時にそれなりにWEB上で顔を合わせたり、外出ができるようになってからランチをしながら深い話をして情報を頂いたりと、様々な方とメールや対面でやりとりをさせて頂いている。働き方というものは割と多様にあって、能力や知識が伴うけど全然人手不足で今後も恐らく成長していく業界ではあるだろうし、マルチな業界にもどんどん繋げていくことができる業界でもあると思う。どのように進んでいくのか、もう少しだけ考えつつもスピード感を持って次のステップに進もうと思っている。

 

参照: 

undmess.life

 

僕は今死にかけている。病気や精神疾患などそんな容易いものではなく、この世で最も恐ろしいものによって。大学を卒業したら企業でせかせかと働き、手取り20万円前後の給与で家賃を支払い、薄っぺらい友達や同僚と飲みに出かけ、ずっと一緒にいようと口約束をした恋人とデートをし、この発達しすぎたコンクリートジャングルの中で自分だけの欲望を満たしていく。

お先のお未来に豪華なホテルのレセプションばりの明るさが灯っている。何て羨ましいのだろうか。僕もそうなるつもりでいたような気がする。今の僕はというと、パソコンを開いた瞬間の暗さといったところか。いつまで経っても、立ち上がらないパソコンのように、僕も再スタート地点にすら立たせてもらえない。アポを打診してはお祈りメールが返ってくるだけで、海外を旅してきた僕ですらこんなにも教会に行ったことがない。今、僕の目の前には建前牧師がわんさかいらっしゃる。

この日々の中で、ふとSNSを開くと僕には生涯かけても滲み出すことのできない、幸せ溢れる世界が繰り広げられており、人間ってこんなにも幸せに対して執着しながら生きている生物なのかと感じてしまった。人生があたかも上手くいっているかのように振る舞い、自分を肯定して無理やり趣味や友人を見つけ、一緒におしゃれな写真を撮ることがさも若者の義務かの如く、SNSでは様々な幸福が転がっている。そんな表面上の世界ですら、今の僕には羨望の的でしかなく、世の中がたまらなく眩しい。心の何処かでSNSを無くした人々というものを想像してみて、SNSユーザーでもある僕はのめり込み過ぎないことを誓った。WEB業界を志す人間という側面では間違っているとは思うが、自分がいいならこれでいいのだろう。

もう社会に出て早々と失敗した僕が、何をまた社会に出てこようとしているのかと。もし、人生の地獄があるとするならば、もしかしたら今ではないかとも思う。でも正直、この期間中は企業のアポ取りをしながら自分でフォトショやコーディング、写真やファッションなど雑多的に俄な知識を見ていたように思える。僕は成人したときに、自分に課した「感謝」「一歩踏み出す勇気」「オリジナリティ」といった本質的なことだけは決して忘れずにいようと、それだけがモチベーションになっているのもある。

普通の人からすれば、「あいつはもう既に敷かれたレールから早々と外れたな。」と思われるかもしれないが、それはそれで逆にありがたいかなとも思ってしまう自分がいる。それに加えて、いいきっかけと自分の中で捉えるようになって、大学で一番仲良かった唯一の友人には話しかけてくれて嬉しかったというのもあり、一度人間関係の断捨離というか、そういったものが必要なのかなとも思ったりする。勿論リスペクトできる方だったり非常に面白い方は今後とも何卒よろしくお願い申し上げたいところではあるけど、結局ずっと連絡してなかったり会ってなかったりしてる人って、今後もそんな感じなのかなとも思ったりする。

分からないけど。こんなことを言うと、また友人が減ってしまうかもしれないけど、それはでも特に無理して付き合う必要もないかなと。人間観察という部分では出会いは勉強なので、色んな方とお話ししたいとは思うが、その後のことがどうかっていうことだよね。変な話、どうにか嫌われないように生きてきたのも大きく、できるだけ合わせようと頑張ってはみたけど、もう何か嫌われてもいいから腹割った関係の方が楽だなと。そもそも嫌われないようにっていうことがおこがましく思える。

 

この期間を利用して旅に出て写真を撮りに行きたいとも思うが、金銭的、情勢的にまだまだ当分先の話になるだろう。だから、今はいろいろな知識を身につける時期だと捉えて過ごしている。だから、外出自粛が明けた瞬間にディズニーに行ったり海に行ったりする人はすごいなと思う。正直僕は出かける人間でもあるけど、どちらかと言えば元々家にいることが多い人間だったから、この動き出しの速さにおいては人間らしいと言えば人間らしいように思うし、何とも言えない。

 

本当に高校生ぶりに孤独を感じる日々が続いているが、世間という架空の存在に少し怯えながら、今日もパソコンの前でメールを送り続けていく。この独房から一刻も早く抜け出すために。