2020.02.05 -ESSAY

街歩きの奥深さ

旅に限らず、普段の生活でも街を歩くことは、息をするのと同じくらい生きていく上で欠かせないことである。だから、ここ一年間でただ歩くだけでは勿体ないように思えて、常に何か考えながら街中を歩いている。

根本的に街そのものが人間によって創り出された光景で、それと同時に人間がデザインを施した最たる光景だと思う。この時代だから都会は勿論のこと、ちょっとした田舎でさえ街として整備されており、人間のエゴによってどんどん自然的から人工的に変化している。当然ながら、僕もそのエゴに執着しているが、そこが惹かれてしまう要因でもある。

直線的な道路や入り組んだ建物など、自然界では絶対に有り得ない存在が平然と存在している。極端な話、自然は無限だけど人間の創り出したモノは有限だから、生命と重ねることができる。それに明らかに人間がデザインしたモノには目がいってしまう。どういう意図でこのデザインになったのか、考えるだけであれもこれもと思考が止まらなくなっていくのである。

また、大学で学んでいたことの流れで、企業との結び付きを考えてしまう。道路にしろ建物にしろ、街をデザインしているモノは大抵どこかの団体が創りあげているモノ。変に発見してしまうこともあって、例えばロシアの交差点で、ふと信号機を見たらSIEMENSと表記されていたことを発見したことがある。SIEMENSって補聴器だけじゃないんだって知れたり、歩いたり見たりするだけで新たな発見が必ずあるのが最大の面白いところ。

事実、天才と呼ばれる人はもれなく歩くことが好きだったらしい。有名な話では、ジョブズがアップルの拠点近くにある散歩コースによく出没していたという話があるくらい。実際にスタンフォード大学の研究者が、歩いているときは創造性が向上するといった論文を発表しているほど歩くことはとても重要なことである。

私自身、家にいて考え事をするよりも、街を歩きながら考えてる方が様々なアイデアが浮かぶ。家にいることが多いが、ここ1年でフラッと出かけることが好きになってきた。

現在というか、大学4年の一年間は人生で後にも先にも一番暇なのではないかと思うくらい時間を持て余している。だから、本を読みまくったり動画を観まくったり、色々なことに手を出していた。その一つに、暇だと思ったら東京の街を練り歩くみたいなことをしていた。

恐らく今後もやっていくことだろう。街を歩くことで気分転換だったり創造したりと前述で述べたが、一番は街から何か面白さみたいなことを無意識のうちに求めているのかもしれない。

高校生の時に、友達が少なかったのもあって、とにかく授業中とか様々な場面で常に暇だった。そんな時は、あの生徒があの先生に好かれている理由は何だろうってことを考えて、一コマが終わるなんてこともあった。もしかしたら、その延長線上に街歩きがあるのかもしれない。

勿論、人もそうですけど対象が街に変わっただけで、やってることは高校生の時と変わらないのかもしれない。ただ、その事を人に話したことなんてなかったが、先日仲の良い先輩と飲んでるときに、ふと話してみたら面白がってくれた。よくよく考えると、最近覚えた街歩きもそれに通ずるものがあると思ったということである。

ソラハピ TAKIBI 海外旅行 ハッピーメール

PAGE TOP